研究活動

  1. HOME
  2. 研究活動 [学会賞]

学会賞

日本選挙学会賞は、会員相互の研究交流の促進と広い意味の選挙研究の発展を目的として2009年度創設されました。 学会賞には、研究会のポスターセッションにおける会員の優れた研究発表を対象とする「優秀ポスター」、研究会における会員の優れた論文報告を対象とする「優秀報告」、『選挙研究』に掲載された会員の優れた投稿論文を対象とする「優秀論文」、の3つの賞が設けられています。


2016年度 日本選挙学会賞

2016年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 竹内桂(明治大学) 「『阿波戦争』に関する一考察:第10回参議院選挙徳島地方区における保守系候補の対立を中心に」
松林哲也(大阪大学大学院) 「投票環境と投票率」
優秀報告 渡邉容一郎(日本大学) 「イギリス型レファレンダムについて:党内政治と保守主義の見地から」
秦正樹(北九州市立大学)
横山智哉(立教大学)
「『政治』の何がタブーなのか?:政治的会話の継続性と断絶性の条件」
優秀ポスター 三村憲弘(武蔵野大学)
深谷健(武蔵野大学)
「高校生への政治教育を実験する:大学と行政との連携プロジェクトを通じて」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2016年度 学会賞講評

    今年度の学会賞は、優秀論文については『選挙研究』32号に掲載の独立論文2本が、優秀報告については2016年度研究会で発表された40報告(「共通論題」を除く)が、そして、優秀ポスターについては同じく14報告が、それぞれ選考の対象となりました。優秀論文賞については、今年度の査読を通った2投稿論文が、結果的に、いずれも受賞することになりました。竹内論文は、地方紙マイクロフィルムや当事者へインタビューなどを駆使して、「地方政界のダイナミックスを余すことなく描き出している点」が評価されました。また、松林論文は、投票率の低下という重要な問題を扱うものですが、それが統計分析としても手堅いことにとどまらず、投票率改善に向けた「選挙実務上も有益な示唆を与える」ものであることなどが評価されました。優秀報告賞に選ばれました2報告は、その報告内容が優れていたのみならず、「多くの参加者にとってわかりやすかった」ことや、報告者間での連携のスムーズさから「十分な準備が行われていたと想像される」など、プレゼンテーションそのものに秀でた点が特に評価をされました。そして、優秀ポスター賞については、ポスターとして視覚的に優れていた事に加えて、「時宜を得た課題である若年世代への政治教育について、実証的な方法による理論構築、及び解決策の提示を行って」いる点が受賞のポイントでした。今回の受賞論文・報告のみに限ってみても、その研究対象に時間と空間の広がりがあります。また、方法論的にも実に多様です。さらには、理論的であることに加え、社会的なインプリケーションという点においても貴重な業績となっています。じつは、これらの点は、これまでの学会賞の「講評」において繰り返し指摘がされている点かと思いますが、この「研究における多様性」が、本学会ではしっかりと根付いていることを確信することができました。その点を、会員のみなさんと共に喜びたいと思います。

2016年度学会賞選考委員長  西澤由隆

2015年度 日本選挙学会賞

2015年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 堀田敬介(文教大学) 「合区および総定数変化に対する議席配分最適化」
優秀報告 秦正樹(神戸大学大学院) 「非有権者における政治関心の形成メカニズム:政治的社会化の再検討を通じて」
優秀ポスター 勝又裕斗(東京大学) 「選挙における脆弱性と候補者の政策位置変更」
清水唯一朗(慶應義塾大学) 「選挙区の線引きはどう行われたのか:近世・近代の連続と非連続から考える」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2015年度 学会賞講評

    2015年度学会賞については、優秀論文は『選挙研究』31巻2号掲載の独立論文1点が選ばれました。優秀報告は、2015年5月に熊本市で開催された総会・研究会において発表された32報告から2点が、優秀ポスターは同じく14報告から2点が選ばれました。なお、優秀報告については、辞退がありましたので受賞は1点となっています。優秀論文は、現行選挙制度の課題である一票の格差是正について数理的分析を駆使して最適な議席配分法を提起しており、実践的意義の高いことが評価されました。優秀報告は、20歳未満の非有権者の政治的関心の形成要因をサーベイデータ実験により綿密に分析していること、事前によく準備した明晰な発表であったことが評価されました。ポスター報告は、1点は従来明らかでなかった明治期における選挙区形成過程を膨大な資料を使って解明しており、もう一点は政治家の政策位置と選挙との関係を実証的に分析した議員行動研究と評価されました。受賞2点とも図表や資料を工夫し聴衆の関心を引きつける努力がなされていることも評価されました。受賞者にはあらためて祝意を表しますとともに、今後の一層のご活躍を祈念いたします。また、選考に関わっていただいた委員の方々に御礼を申し上げます。

2015年度学会賞選考委員長  森脇俊雅

2014年度 日本選挙学会賞

2014年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 日野愛郎(早稲田大学)
山崎新(早稲田大学)
遠藤晶久(早稲田大学)
「視線追跡で明らかにする調査回答過程:政党政治支持質問と価値観質問における順序効果」
末次孝典
(慶應義塾高等学校)
「明治期小選挙区制における選挙区割りと選挙人口:明治22年衆議院議員選挙法未成立案をめぐって」
優秀報告 湯淺懇道
(情報セキュリティ大学院大学)
「インターネット選挙運動と公職選挙法」
優秀ポスター 小林哲郎
(国立情報学研究所)
片桐梓
(スタンフォード大学)
「日中領土問題と首相支持率:サーベイ実験による旗下集結効果の検討」
細貝亮(早稲田大学) 「選挙キャンペーンにおける有権者のインターネット情報接触」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2014年度 学会賞講評

    2014年度の学会賞は、優秀論文については『選挙研究』第30巻に掲載された特集「実験政治学」に対する公募論文および独立論文から、それぞれ1点が選ばれました。優秀報告は2014年5月に早稲田大学で開催された総会・研究会で発表された29報告から、優秀ポスターは同じく16報告から1点ずつ選ばれました。優秀論文は実験政治と日本政治史という、新旧の対照的な分野から選ばれましたが、前者は最先端の分野への、後者は新資料に基づく先行研究への、いずれも挑戦という点で共通しています。優秀報告は、2013年参議院議員通常選挙から解禁されたインターネットを用いた選挙運動について、法律の不備等に言及しながら丹念かつ説得的なプレゼンテーションを行った点が評価されました。優秀ポスター2点は。いずれも時事的に関心のあるテーマを扱った研究です。ともに確かなデータ分析を行うとともに、説得的なプレゼンテーションを行っていた点に支持が集まりました。受賞者の方々に改めて祝意を表します。また、各賞の選考に関わっていただいた委員の方々に御礼申し上げます。今年度のような優れた研究が、今後も『選挙研究』、総会・研究会で、発表、報告されることを祈念いたします。

2014年度学会賞選考委員長  池谷知明

2013年度 日本選挙学会賞

2013年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 福元 健太郎(学習院大学)
中川 馨
(元学習院大学法学部学生)
「得票の継承に対する世襲の効果:政党投票・候補者投票との比較」
優秀報告 古賀 光生(二松学舎大学) 「新自由主義から福祉拝外主義へ:西欧右翼ポピュリストの戦略転換」
新井 誠(広島大学) 「参議院議員選挙区選出選挙の『一票の較差』をめぐる最高裁大法廷違憲状態判決について」
優秀ポスター 横山 智哉
(一橋大学大学院)
「政治的会話が政治参加に及ぼす効果:政治的関与の媒介効果に注目して」
谷口 尚子(東京工業大学)
クリス・ウィンクラー
(ドイツ日本研究所)
「国際比較・時系列比較可能な政策コーディング法とその応用」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2013年度 学会賞講評

    今回の受賞作は、優秀論文は『選挙研究』29巻に掲載された独立論文の中から、優秀報告については2013年度に京都大学で開催された研究大会で発表された37報告、優秀ポスターは同じく11報告の中から、それぞれ選ばれた。優秀論文は、世襲候補者の有利さが永らく議論の対象でありながら計量的研究が過少である点に注目し、政党投票、候補者投票という比較対象を設けた集計データから検討を進めたことを評価した。優秀報告2点のうち、古賀報告は、分析の主要対象国以上にまで広く適用可能な枠組みを提示するなど、意欲的な労作であった。新井報告は、最高裁大法廷判決の議論の方向を整理し、体系的な批判を加えていた。優秀ポスター2点のうち、横山ポスターは素朴なアイディアを研究に直結させて実証的で有効なデータ分析を行った点で評価される。谷口・ウィンクラーのポスターは、国際比較研究の文脈の中で貴重な日本データの作成であり、プレゼンテーションも明確であった。全体として、学会時の報告、ポスターの内容が多岐にわたる中で、法律と比較政治の分野から学会賞が出たことを喜び、日本選挙学会の学際性と総合性の発展を願ってやまない。そして、学会発表の活発さを喜びつつも、発表を『選挙研究』への投稿と結びつけていかれることをより奨励したい。

2013年度学会賞選考委員長  池田謙一

2012年度 日本選挙学会賞

2012年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 松林 哲也
(ノーステキサス大学)
上田 路子
(シラキューズ大学)
「市町村議会における女性の参入」
優秀報告 辻 由希(立命館大学) 「レジーム再編と女性首長」
金 兌希
(慶應義塾大学大学院)
"Comparing Political Efficacy: An Analysis of CSES Data"
優秀ポスター 前田 幸男(東京大学) 「政党支持の変動-2007年から2011年まで-」
遠藤 晶久
(早稲田大学大学院)
「動員交差圧力と投票行動」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2012年度 学会賞講評

    今回の受賞作は、優秀論文については『選挙研究』28巻に掲載された独立論文の中から、優秀報告については2012年度に筑波大学で開催された研究大会で発表された29報告、優秀ポスターは同じく12報告のなかから、それぞれ選ばれました。優秀論文は、日本政治における女性の進出が芳しくない中にも、市町村合併後の地方選挙での女性政治家の躍進に着眼し、選挙区規模や政党組織の観点から分析を行ったもので、着想の良さが光りました。優秀報告2点は、女性会員によるものであったところで共通する一方、ひとつは戦後女性首長に関する膨大なデータを収集しつつ、その台頭を示唆する典型的な事例について比較分析を行い、もうひとつは政治的有効性と選挙区・政権規模との相関について量的データを用いて精緻に検証したという好対照の内容を含む労作でした。優秀ポスター2点は、政権交代前後の政党支持の変容と、認知・参加・投票に関わる政党・社会集団の動員効果をテーマとして掲げ、それぞれ適切な計量分析法で解析した秀作でした。以上の受賞作品はすべて現代政治に潜む問題、変容、相関を斬新な視点から析出し、学会の発展に大きく寄与するものであるところが高く評価されました。

2012年度学会賞選考委員長  鈴木 基史

2011年度 日本選挙学会賞

2011年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 山崎 新(早稲田大学大学院)
荒井 紀一郎(中央大学)
「政治的洗練性が規定する態度の安定性」
優秀報告 庄司 香(学習院大学) 「『対決』型予備選挙と支持表明のポリティクス--2010年アメリカ中間選挙を題材に」
平野 淳一(神戸大学) 「市長をめぐる選挙過程--候補者属性と選挙結果の分析から」
優秀ポスター 三船 毅(愛知学泉大学)
中村 隆(統計数理研究所)
「歴史的経験の重層化による政治不信の蓄積--ベイズ型コウホートモデルによる分析」
豊田 紳(早稲田大学大学院) 「民主化期選挙と政治暴力--メキシコ地方自治体選挙、1990-2000」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2011年度 学会賞講評

  今回の受賞作は、優秀論文については『選挙研究』27巻に掲載された独立論文2本の中から、また、優秀報告については2011年度研究会で発表された29報告(「ラウンドテーブル」を除く)、優秀ポスターは同じく12報告のなかから、それぞれ選ばれました。
  優秀論文賞は候補作2本の中から選ばれたわけですが、客観的に見ても力作であり、わが国の政治意識研究に大きく寄与する論文です。
  優秀報告・優秀ポスターの受賞作も特色ある研究が揃いました。たとえば、アクチュアルな現象に独自の視点から切り込み興味深い説明を提示したもの、骨の折れる膨大なデータ収集にもとづき選挙過程の実態を包括的・体系的に解明したもの、方法論・分析手法の面で今後の選挙研究や関連領域の研究への豊かな応用可能性を示したもの、事例紹介として興味深いだけではなく理論的一般化への明確な志向をもつものなど――。もちろん学会発表ですから、プレゼンテーションの分かりやすさ、印象深さといった点も考慮に含めました。
  今回の受賞対象となった論文・報告および惜しくも選外となった諸研究の全体を概観し、今日の選挙研究のテーマの幅広さやアプローチの多様性にあらためて感じ入りました。選挙学会は決してニッチなコミュニティにとどまるものではなく、より一般的な個別科学の発展に対しても大きな影響を及ぼしうることを再認識したしだいです。
  受賞者の方々の今後ますますのご活躍を祈念し、あらためて祝意を表します。

2011年度学会賞選考委員長  竹下 俊郎

2010年度 日本選挙学会賞

2010年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 和田 淳一郎(横浜市立大学) 「ナッシュ積(社会的厚生関数)に基づいた1票の不平等研究」
優秀報告 大村 華子(京都大学) 「戦後日本政治における動態的代表-政策は世論によって規定されてきたのか-」
濱本 真輔(日本学術振興会) 「民主党のキャリア・パスと役職配分ルール」
優秀ポスター 荒井 紀一郎(中央大学) 「争点の種類と争点投票-対立軸の認知がうみだす投票行動のパターン-」
木村 昌孝(茨城大学) 「フィリピンの選挙行政における情報通信技術(ICT)の導入」
西川 賢
(日本国際問題研究所)
「1952年の共和党大統領予備選挙におけるアイゼンハワーの中道化に関する分析的叙述:第五次政党制下における共和党の戦略形成」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2010年度 学会賞講評

  去年に引き続き学会賞を選考する任に当たった者としまして,今年も,去年よりまたさらに,本学会の研究活動の多様性と質の高さが感じられる候補作が数多く最終選考まで残り,大きな感慨を受けましたことを,まず喜びをもって会員みなさまにご報告いたしたく存じます。論文賞については,今年は対象が5本あり,とりわけ「贅沢な」選考となりました。それぞれアプローチが異なり,委員の間ではさまざまな議論が交わされましたが,最終的には和田会員の論文の独創性がもっとも高く評価されました。報告賞については,去年よりも少ない2点の受賞となりました。どちらも,荒削りな部分がないわけではありませんが,壮大な問題,誰も取り組まなかった問題に果敢に挑戦した,ということが評価され選ばれました。ポスター賞については,複数の委員が推薦したものを中心に,3点が選ばれました。総じて,中堅と若手の伸びやかな研究活動が感じられる報告/論文が多く,学会の将来に明るい展望が開けていると確信できました。来年以降も,本学会が自由で多様性に満ちた研究活動を追求していくこと,そして学会賞がそのためのひとつの励みとなることを,切に願っております。

2010年度学会賞選考委員長  河野 勝

2009年度 日本選挙学会賞

2009年度の受賞者は次の通りです。

学会賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀論文 今井 亮佑(首都大学東京) 「選挙動員と投票参加-2007年〈亥年〉の参院選の分析-」
優秀報告 飯田 健(早稲田大学) 「投票率の変化をもたらす要因:投票参加の時系列分析」
奥 健太郎(東海大学) 「参議院全国区選挙と利益団体」
砂原 庸介(大阪市立大学) 「制度改革と地方政治?地方政治再編の説明要因は何か」
優秀ポスター 稲増 一憲(東京大学大学院) 「有権者とメディアの関係性から捉える政策争点の違い」
高橋 百合子(神戸大学) 「新興民主主義における政党間競争と分配政治:メキシコの事例分析」

(受賞者の所属は刊行・発表当時のもの)



2009年度 学会賞講評

  初めての学会賞を選考する任に当たった者としまして、何より会員の皆様にお伝えしたいは、今日、本学会の研究活動がきわめて多岐にわたっており、しかもそこで実にさまざまなアプローチが取り入れられているということに、あらためて気づかされたということです。
  いかなる学術の分野であれ、自由な着想、さらには異なる理論や分析手法を相互に受け容れる寛容的態度こそが、知識の進歩を約束するものであることはいうまでもありません。それゆえ、私は、このたび選考の対象となった研究に、選挙そのものを分析するもの、選挙の背景にある制度や選挙の帰結としての現象に着目するもの、ひとつの選挙を詳細に扱うもの、より中・長期的な傾向を探求するもの、明示的に国際比較を試みるもの、新しいデータ分析の手法を開発するもの、といったように、まさに選挙研究の広がりと深みが反映されていたことを、非常にうれしく思いました。
  そうした中から選ばれた上記6点の研究は、それぞれ、発想の独自性、構想の大胆さ、分析の緻密さ、プレゼンテーションの明快さ、などの点において特に優れていると評価され、学会賞を受賞するにふさわしいと判断されました(もちろん、HPへのアップロードの締め切りなども遵守されておりました)。今後も、本学会が自由で多様性に満ちた研究活動を追求していくこと、そして学会賞がそのためのひとつの励みとなることを、切に願っております。

2009年度学会賞選考委員長  河野 勝


ページの上部へ